for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

都区部コアCPI、6月は前年比横ばい 携帯通信料下落の影響

 6月25日、 総務省が25日発表した6月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く総合指数、コアCPI)は、前年同月比横ばいだった。都内で2020年5月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 25日 ロイター] - 総務省が25日発表した6月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く総合指数、コアCPI)は、前年同月比横ばいだった。ガソリンや学習塾の補習教育費用などが押し上げ要因となったが、大手キャリアの新料金プラン導入などで携帯電話通信料が下落したことが相殺した。

主な品目の内訳としては、はガソリンが総合指数を0.11ポイント、補習教育(小学校)が0.06ポイント、火災・地震保険料が0.06ポイント、ルームエアコンが0.05ポイント、ゴルフプレー料金が0.04ポイント、それぞれ押し上げ要因になった。一方、携帯電話通信料が0.44ポイントの押し下げ要因となった。

ロイターがまとめた民間調査機関の予測中央値はマイナス0.1%だった。前年同月比の下落幅は5月(0.2%下落)から縮小した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up