for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=堅調維持、商品相場高などで

[シドニー 25日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが5営業日続伸している。アナリストは堅調なコモディティー価格と投資家のリスク選好姿勢の強まりを背景に短期的に上昇基調が続くと予想している。

豪ドルは直近で0.1%高の1豪ドル=0.7594米ドル。今月は6カ月ぶりの安値である0.7478米ドルを付けている。週間の上昇率は現時点で1.5%と、5月初旬以来の大きさとなった。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の為替ストラテジストは「豪ドル高の根拠となる基礎的条件に変わりはない」と指摘。同社のモデル分析ではリスク選好度合いは6月上旬以降、小幅にしか悪化しておらず、石油や工業用金属などコモディティー相場の上昇で豪ドルが今後も押し上げられる見通しとした。

2022年下半期にかけて0.80米ドル以上の水準まで上昇するとの予想を維持するとした。

NZドルは直近が0.7076米ドルと、1週間ぶりの高値を付けた。週間では現時点で2%超値上がりしており、20年11月以来の大幅上昇となっている。

豪国債先物は小幅に下落。3年物は2ティック安の99.50、10年物が0.5ティック安の98.425。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up