for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回り上昇、米債に追随

    [25日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                            
 米東部時間12時3                                           
 3分                                          
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ    100.54    0.00     100.54         
 独連邦債2年物    112.12   -0.01     112.13          
 独連邦債5年物    133.90   -0.14     134.04          
 独連邦債10年    171.77   -0.56     172.33          
 物                                           
 独連邦債30年    200.96   -1.84     202.80          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物    -0.655  +0.010     -0.652            
 独連邦債5年物    -0.550  +0.022     -0.571            
 独連邦債10年    -0.155  +0.042     -0.233             
 物                                           
 独連邦債30年     0.347  +0.043      0.303             
 物                                           
 
    ユーロ圏金融・債券市場では、域内国債利回りは上昇。米経済指標
を受けた米債利回りの動きに追随した。一段の供給懸念から周辺国債利
回りが大幅に上昇した。
    米商務省が25日発表した5月の個人消費支出(PCE)価格指数
は、食品とエネルギーを除いたコア指数が前年同月比3.4%上昇した
。1992年4月以来、29年ぶりの大幅な伸びで、連邦準備理事会(
FRB)の目標である2%を大幅に上回った。
    アリアンツ・グローバル・​インベスターズのシニア債券専門家、
マッシミリアーノ・マクシア氏は、周辺国や準中核国の国債利回りの大
幅上昇は「主にイタリア、スペイン、フランスが発表した新規入札に関
連している」と指摘。「イタリア国債は直近で良好なパフォーマンスを
示していたが、足元では投資家が新規入札に向けて資金を確保するため
に利益を確定している」と述べた。
    25日の発行市場では、イタリアが2022年11月満期債および
30年物物価連動債の入札で37億5000万ユーロを調達した。
    南欧諸国の国債利回りは上昇。イタリア10年債利回りIT10YT=RR
は一時、5月末以来の高水準に達した。1528GMT(日本時間2
6日午前0時28分)時点では約6ベーシスポイント(bp)上昇の0
.92%。
    フランス、ポルトガル、スペインの10年債利回り P
T10YT=RRは4.5bp上昇した。
    ドイツ債利回りは米債利回りに連れ高し、10年債利回りDE10YT=
RRは3bp上昇のマイナス0.155%となった。
    5月の米個人消費は前月比で変わらず。前月分は当初の0.5%増
から0.9%増に上方修正された。エコノミスト予想は0.4%増。内
訳では娯楽や飲食、宿泊などサービスの消費が増加。反対にモノの消費
は減少した。
    INGのアナリストは、25日に発表された米指標について「収入
や支出に関する数値はあまり良くないかもしれないが、基本的には家計
部門は非常に健全な状態にある」と指摘。「経済再開に伴い消費需要は
引き続き成長をけん引するだろうが、インフレ懸念はすぐには消えない
」とした。
    6月17-24日に実施したロイター調査によると、債券ストラテ
ジスト41人のうち、向こう3カ月で世界債券市場が大きく売られる可
能性が高いとの回答が25人と、6割を超えた。各国中銀がコロナ禍対
応の緊急緩和策の解除を視野に入れていることが背景という。[nL3N2O7
13Z]
    欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事は24日、ECB
が実施しているパンデミック緊急購入プログラム(​PEPP)の柔軟
性を他の資産買い入れプログラムに適用することはできないと述べた。


    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up