for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=大半が下落、クアラルンプールとバンコクが主導

    [28日 ロイター] - 週明け28日中盤の東南アジア株式市場は、クアラルンプ
ールとバンコクの両市場が主導する形で大半が下落した。マレーシアとタイが新型コロナ
ウイルスの感染拡大を抑制するため、制限措置を強化したことが弱材料になった。
    クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは一時、1.2%安と、昨年11月1
0日以来の安値を付けた。マレーシアのムヒディン首相は28日で終了する予定だった全
国のロックダウン(都市封鎖)を、1日当たりの新規感染者数が4000人を下回るまで
継続する方針を表明した。
    バンコク市場のSET指数は8営業日続落。約1カ月ぶりの安値まで下げた。タイ政
府は27日、バンコク周辺を中心とした新たな制限措置を発表。加えてタイ中央銀行の副
総裁が観光業回復の足取りが重い状況を踏まえ、景気がパンデミック(世界的大流行)前
の水準まで回復するには2023年1─3月期までかかるという見通しを示し、一段の地
合い悪化を招いた。
    感染者数はインドネシアでも急増し、株価に打撃を与えた。
    
    
                                      時間     現在値    前日比      %
  シンガポー  ST指数               14:05    3130.02     +8.42   +0.27
          ル                                                     
              前営業日終値                    3121.60                  
  マレーシア  総合株価指数           14:05    1542.28    -17.40   -1.12
              前営業日終値                    1559.68                  
  インドネシ  総合株価指数           13:30    5972.19   -50.210   -0.83
          ア                                                     
              前営業日終値                   6022.399                  
  フィリピン  総合株価指数           13:50    6937.96    -12.55   -0.18
              前営業日終値                    6950.51                  
    ベトナム  VN指数               13:31    1402.53    +12.41   +0.89
              前営業日終値                    1390.12                  
        タイ  SET指数             14:20    1578.88     -3.79   -0.24
              前営業日終値                    1582.67    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up