for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、鉱業と小売株買われる

    [29日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7087.55   +14.58  +0.21    7072.97          
 
    
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。鉱業と小売株が買われ
た。ただ新型コロナウイルスの変異株の感染が欧州とアジアで増えてい
ることから景気回復が鈍化するとの不安が浮上した。
    資源大手のグレンコアとリオ・ティント、BHP<
BHPB.L>がFTSE100種の最大の押し上げ要因だった。
    FTSE350種住宅建設株指数は0.80%上昇
し、部門別で好調だった。英住宅金融会社ネーションワイドが発表した
6月の英住宅価格が、前年比13.4%上昇と2004年11月以来の
大幅な伸びとなったことが材料視された。
    新型コロナのデルタ型変異株の感染増加により、オンライン小売株
が買われた。料理宅配サービスのジャスト・イート・テイクアウェー・
ドットコムとオンラインスーパー大手オカドは3.
6%と2.1%それぞれ上昇した。
    フォーテ・セキュリティーズの株式トレーダー、キース・テンパー
トン氏はデルタ型変異株により「航空銘柄がやや打撃を受け、『在宅』
関連株が買われた」と話す。
    住宅建設のバラット・デベロップメンツは0.4%高だっ
た。不動産開発のカントリーサイド・プロパティーズのマイク
・スコット最高財務責任者(CFO)をバラットの新たなCFOに任命
したことが好感された。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up