for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル軟調地合い、米雇用統計待ち

[シドニー 1日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが軟調地合い。豪指標で堅調な経済見通しが示されたものの、力強い米雇用統計を見込む筋が米ドルを買い入れており、支持線付近で推移している。

豪ドルは0.7491米ドルに下落。0.7513/7526米ドルの抵抗帯を明確に上抜けることができなかったことを受け、オーバーナイトでは0.2%値を下げた。最近の6カ月ぶり安値0.7478米ドルを下回れば、チャート上のリトレースメント目標0.7375米ドルまで下落するリスクがある。

NZドルは0.6989米ドル。前日は0.7006米ドルまで値を上げた。0.6965米ドル前後に支持帯がある。その次の支持線は6月安値の0.6923米ドル。

市場は再び米雇用統計待ち。堅調な70万人増が見込まれているものの、100万人以上増えるとの観測で持ち切りだ。

豪指標は堅調だった。

オーストラリア連邦統計局は1日、3─5月の求人件数が過去最高を更新し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)前の水準を57%上回ったと発表した。経済が急回復する中、全業種で求人難の状況となっている。

不動産コンサルタント、コアロジックが1日公表した6月の豪住宅価格は前年比で13.5%上昇と、2004年以来最大の伸び率となった。戸建て住宅が新型コロナウイルス禍の在宅勤務移行で15.6%上昇した。

また、5月の豪貿易黒字は97億豪ドル(72億6000万米ドル)。鉄鉱石を中心に輸出が伸びた。

ウェストパックのアナリストはノートで「コモディティー価格が引き続き豪ドルをかなり支援している」と指摘。0.7400/25米ドルに向けた下落は押し目買いのチャンスだと付け加えた。

豪ドル押し下げの一因は利回りスプレッド。豪10年物国債利回りは米利回りをわずか2ベーシスポイント(bp)上回っているにすぎない。豪ドルが0.8000米ドルを付けた2月にはスプレッドは44bpだった。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up