for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=大幅下落、中国成長鈍化や政策引き締めを懸念

 (香港市場リポートを追加しました。)
    [上海 2日 ロイター] - 
 中国                       終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数          3,518.7595  - 70.0221     - 1.95  3,569.891  3,569.8919   3,514.3386 
                                                                9                
 前営業日終値          3,588.7816                                                           
 CSI300指数<.C    5,081.117  - 148.547     - 2.84  5,186.661   5,186.661    5,074.362 
 SI300>                                                                          
 前営業日終値           5,229.664                                                           
 香港                       終値     前日比         %       始値         高値         安値
 ハンセン指数          28,310.42    - 517.53     - 1.80  28,859.02   28,859.02    28,231.73 
                                                                                 
 前営業日終値          28,827.95                                                            
 ハンセン中国株指数<   10,415.58    - 247.81     - 2.32  10,662.20   10,662.20    10,389.95 
 .HSCE>                                                                          
 前営業日終値          10,663.39                                                            
    
    中国株式市場は下落。経済成長を巡る懸念から幅広い銘柄が売られ、優良株指数は約
4カ月ぶりの大幅な下げとなった。
    上海総合指数終値は70.0221ポイント(1.95%)安の3518.
7595。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は148.547ポイント(2.84%)安の5081.117。
    両指数とも3月初め以降で最大の下落率となった。
    モルガン・スタンレーはノートで「決算シーズンを前に利益回復に不透明感が広がり
、マクロの成長に鈍化の兆しが出ていることから、市場はまだ強気に転じるのでなく、よ
り明確なサインを探している状態だ」と述べた。
    モルガン・スタンレーは、4─6月に見られた幅広いマクロ面の低迷を理由に中国の
第2・四半期経済成長率見通しを引き下げた。
    今週発表された中国の購買担当者景気指数(PMI)は製造業、非製造業ともさえな
い内容だった。
    モルガン・スタンレーは、航空機やデリバリーの利用、自動車販売などが示すように
、新型コロナウイルス感染再拡大で消費が低迷し、コロナ前の伸びを下回っていると指摘
した。
    ただ、米運用会社バンガードは2日、中国当局がさらに政策を緩和する可能性は低い
との見方を示した。
    ステート・ストリート・グローバル・マーケッツは、アジアでは6月に投資センチメ
ントが急激に悪化したと指摘し、中国の引き締め懸念の高まりや、新型コロナ変異株「デ
ルタ株」の影響を巡り強まる不透明感を挙げた。
    この日は、消費関連、ヘルスケア、証券株の下げが目立ち、不動産株も
販売鈍化や融資条件厳格化を背景に売られた。
    ムーディーズのシニアアナリストは「与信引き締まりや投資心理が低迷する中、オン
ショア、オフショアの資本市場は不安定な状態が続く」と予想した。
    
    香港株式市場も過去7週間で最大の下げを記録した。中国の経済成長減速や政策引き
締めに対する懸念が圧迫した。
    ハンセン指数終値は517.53ポイント(1.80%)安の2万8310.
42。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は247.81ポイント(2.3
2%)安の1万0415.58。
    中国インターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<070
0.HK>などを含むテック株指数が3.2%下落。
    巨額債務を抱える不動産開発大手、中国恒大集団は0.6%安。6月の不
動産販売は前年比5.8%減だった。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up