for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 2-景気判断、北陸・近畿で引き上げ 基調は持ち直し=日銀経済報告

(リポートの詳細を追加しました)

[東京 5日 ロイター] - 日銀は5日、地域経済報告(さくらリポート)で全9地域中、北陸・近畿の景気判断を引き上げた一方、中国・四国の判断を引き下げた。総括判断としては、新型コロナウイルス感染症の影響にから引き続き厳しい状態にあるものの、多くの地域では「基調としては持ち直している」または「持ち直しつつある」などとした。

景気の総括判断を引き上げた北陸と近畿は、電子部品や生産用機械の生産や設備投資が好調だった。

一方、総括判断を引き下げた中国と四国は「持ち直しのペースが鈍化している」と表現。中国は個人消費と生産、四国は個人消費の判断をそれぞれ引き下げたことが影響した。

需要項目別の生産では、北陸・四国の2地域で判断を引き上げた一方、中国で判断を引き下げた。中国地方は、ウエートの高い輸送用機械について前回は「持ち直している」としていたが、今回は「持ち直しが一服」とした。半導体不足の影響が出たという。

企業からは「輸入木材の需給を逼迫を受けて仕入れが難しくなりつつあり、今後、集成材の生産調整を行う可能性がある」(岡山:木材・木製品)との声も出ていた。

設備投資は、北海道・東北・北陸・近畿・中国の5地域が判断を引き上げた。宿泊など一部業種から引き続き弱い声があるものの、それ以外では売り上げの増加や業績改善を背景とした投資の声が聞かれている。

このほか、企業からは、新型コロナワクチンの接種が広がり、消費意欲の高まりに期待する声も出てきているという。

(杉山健太郎 編集:田中志保)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up