for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=まちまち、米利上げ観測が後退

    [5日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場はまちまち。米雇用統計では、経
済回復が軌道に乗っているものの、米連邦準備理事会(FRB)が金融緩和策を直ちに縮
小する必要はないことが示唆された。これを受け、市場のボラティリティーも低下する兆
候が出ている。
    OCBCのアナリストはノートで「今週は全体として、市場の地合いはより前向きな
状態で始まった」と分析しつつ、FRBの政策見通しを織り込むには、良好な雇用情勢が
さらに続く必要があると指摘。「そうなるのは7ー9月期の終わり近くとなる可能性があ
る」と予想した。
    米市場が独立記念日の振り替え休日できょうも休みとなるため、商いは薄かった。緩
和縮小に関する新たな手掛かりを得ようと、7日発表の6月の連邦公開市場委員会(FO
MC)の議事要旨待ちとなっている。
    ジャカルタ市場は下落。インドネシアでは1日のコロナによる死者数が過去最多を記
録しており、封じ込め措置の解除時期について懐疑的な見方が強まっている。
                               時間     現在値     前日比         %
 シンガポー  ST指数 <.STI   15:24    3134.36      +5.41      +0.17
         ル  >                                             
             前営業日終値              3128.95                      
 マレーシア  総合株価指数 <   15:24    1527.65      -5.70      -0.37
             .KLSE>                                        
             前営業日終値              1533.35                      
 インドネシ  総合株価指数 <   15:39    5992.30    -30.704      -0.51
         ア  .JKSE>                                        
             前営業日終値             6023.008                      
 フィリピン  総合株価指数 <   13:50    7036.38     +34.12      +0.49
             .PSI>                                         
             前営業日終値              7002.26                      
   ベトナム  VN指数 <.VNI       -          -          -          -
             >                                             
             前営業日終値                    -                      
       タイ  SET指数 <.S   14:29    1578.51      +0.02       0.00
             ETI>                                          
             前営業日終値              1578.49    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up