for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回り小幅上昇、インフレ期待上向き

    [ロンドン 5日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                
 米東部時間11時35                                              
 分                                              
 *先物             清算値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 3カ月物ユーロ     100.55     0.00      100.55         
 独連邦債2年物     112.15    -0.02      112.17          
 独連邦債5年物     134.14    -0.13      134.27          
 独連邦債10年物   172.70    -0.39      173.09          
 独連邦債30年物   203.18    -0.96      204.14          
 *現物利回り       現在値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 独連邦債2年物     -0.658   +0.008      -0.669            
 独連邦債5年物     -0.583   +0.021      -0.605            
 独連邦債10年物   -0.210   +0.025      -0.235             
 独連邦債30年物    0.297   +0.025       0.273             
   
    ユーロ圏金融・債券市場では、国債利回りが小幅上昇。インフレ期
待の上向きが材料となった。ただ、先週末の米雇用統計を受け、目立っ
た債券離れの動きが見られないことから、利回りは再び低下傾向を可能
性もある。
    ユーロ圏の期待インフレ率の目安となる5年先5年物インフレスワ
ップはこの日1.606%と、5月19日以来の水準に
上昇した。
    経済指標では、6月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)
改定値が59.5と、5月の57.1から上昇し、2006年6月以来
15年ぶりの高水準となった。
    ドイツ10年債利回りは2.6ベーシスポイント(b
p)上昇し、マイナス0.209%。先週は8bp低下し、昨年12月
以来の大幅な下げとなっていた。フランスとイタリアの10年債利回り
はこの日3bp上げた。
    モルガン・スタンレーは顧客向けメモの中で「新型コロナ変異ウイ
ルス『デルタ株』を巡る見通しがたとえ穏やかになったとしても、海外
旅行への規制は強化され、引き続き南欧の観光業界に影響を及ぼす見込
み」とした。
    市場では7日に発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事
要旨が焦点となっている。6月の会合では利上げ時期の見通しが202
4年から23年へ予想外に早まった。
    コメルツバンクの金利ストラテジスト、ライナー・グンターマン氏
はドイツ10年債利回りが目先低下し、夏場にかけておおむねマイナス
0.1─マイナス0.25%で推移すると予想した。
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up