for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モデルナのワクチン供給、6月末は1370万回 当初予定4000万回=官房長官

[東京 6日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は6日午後の会見で、新型コロナワクチンの米モデルナ社の供給について、6月末は当初予定の4000万回から1370万回に減少していたことを明らかにした。

7月6日、加藤官房長官は会見で、新型コロナワクチンの米モデルナ社の供給について、6月末は当初予定の4000万回から1370万回に減少していたことを明らかにした。写真は4月、都内のワクチン接種会場でモデルナ製ワクチンを準備する医療スタッフ。代表撮影(2021年 ロイター)

加藤官房長官によると、日本政府とモデルナとは昨年10月29日にワクチン供給契約を締結。今年6月末までに4000万回、9月末までにさらに1000万回の供給を受けることになっていたと説明した。

この契約では「ワクチン開発に成功した場合」との留保条件が付いており、同社のワクチンが日本での薬事承認を受けたのが今年5月21日であることなどを踏まえ、6月末までに「1370万回の供給を受けることになったと聞いている」と述べた。

ただ、同社とは秘密保持契約を締結しており、これ以上の詳細は公表できないとした。

共同通信によると、政府内でワクチンの流通・管理を担当している河野太郎・行政改革担当相は6日の会見で、残りの3630万回は9月末までに順次、供給されるとの見通しを示した。

また、河野担当相はこの会見で、米ファイザー社のワクチンについては、7─9月の期間中、2週間ごとに1170万回分を全国に配布すると述べた。

加藤官房長官は、ワクチン接種を担当する各市町村に対し、具体的な配布計画の内容を都道府県を通じて「速やかにお知らせする」ことを伝えているとした。

7月に入ってファイザーからのワクチン供給が減少し、一部の地域で受け付けたワクチン接種のキャンセルが発生し、先行きの見通しが立たないとの懸念が出ていた。

一方、加藤官房長官はすでにワクチンを1回接種した人は約1400万人、2回接種した人は1800万人と説明。1回以上接種した人は「(接種対象となる)全人口の4人に1人以上となった」と述べた。

また、65歳以上の高齢者に関しては、1回以上接種した人の割合が3分の2以上となったと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up