for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:INPEXが軟調、原油先物の大幅安を嫌気 

[東京 7日 ロイター] - INPEXが軟調に推移。午前9時15分現在、東証1部の値下がり率ランキングで第5位。原油先物が大幅安となったことを嫌気している。同社は、6月28日に897円で年初来高値を形成。その前後に信用買い残が急増するなど、上値で含み損を抱えた玉が多いと推定され、投げ売りを誘っているようだ。直近の信用倍率は4.35倍となっている。

6日米国時間の原油先物は大幅安。石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」の協議停滞を受け、一部の産油国が供給量を増やすとの懸念が高まった。

清算値は、北海ブレント原油先物が2.63ドル(3.4%)安の1バレル=74.53ドル。一時77.84ドルと2018年10月以来の高値を付けた。米WTI原油先物は1.79ドル(2.4%)安の73.37ドル。一時14年11月以来の高値となる76.98ドルまで上昇した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up