for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=続落、ウクライナ懸念が響く

    [24日 ロイター] - 欧州株式市場は続落して取引を終えた。
ウクライナでの戦争開始から1カ月が経過し、北大西洋条約機構(NA
TO)首脳会議で西側諸国がウクライナに侵攻したロシアへの制裁を拡
大したことが売り材料となった。
    ブリュッセルで開かれたNATO緊急首脳会議では、欧州東部での
戦力強化やウクライナへの軍事支援拡大、対ロ制裁の強化で合意した。
経済危機の影響を受けにくい生活必需品株などが買われ、神経質な値動
きとなった。
    STOXX欧州600種銀行株指数は0.66%下落。
    英小売りのネクストは3.3%下落し、2022─23年
の売上高と利益見通しを引き下げたのが嫌気された。
    ロシアのプーチン大統領は23日、「非友好国」に対して天然ガス
の支払いをルーブル建てで行うよう求めると発言。欧州のガス価格が急
騰し、供給不足のリスクを高めている。
    UBSのグローバル・ウェルス・マネジメント部門のストラテジス
トらは「プーチンの命令は、エネルギー価格の引き上げにつながるとと
もに、中央銀行の制裁に挑戦し、EUの政策決定に影響を与える可能性
がある」との見方を示した。
    欧州中央銀行(ECB)のエルダーソン専務理事は、ECBが年内
に利上げする可能性は依然あるとの見解を示した。
    ドイツのダイムラー・トラックは7.1%上昇。新型コ
ロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)とロシアのウクライナ侵
攻は2022年の業績にあまり影響しないとし、少なくとも14%の増
収予想を発表したのが材料視された。
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 STOXX欧州600種     453.07    -0.96  -0.21     454.03          
 FTSEユーロファース    1772.83    -3.10  -0.17    1775.93          
 ト300種                                                    
 ユーロSTOXX50種    3863.39    -5.83  -0.15    3869.22  <.STOXX50E
                                                               >
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up