for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドルとNZドル、対円・ユーロで数年ぶり高値付近

[シドニー 29日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが円とユーロに対し数年ぶりの高値付近で推移している。商品価格が長期にわたって高止まりし、資源国の輸出に追い風になるとみられている。

資源の大半を輸入に頼る日本やロシアのエネルギーに大きく依存している欧州の交易条件が悪化することになる。

NABの為替戦略責任者レイ・アトリル氏は「ロシアとウクライナの間で何らかの和平合意が成立しても、商品価格の最近の上昇は大部分が維持されるとみている。制裁は長期間続く公算が大きい」と述べた。

豪ドル/円は短期的に1豪ドル=94/95円まで上昇する可能性がある。既に92.60円まで上昇。今月は一時7年ぶり高値となる94.30円を付けている。

ユーロは対豪ドルで5年ぶり安値となる1ユーロ=1.4527豪ドルを付けた。

豪ドルは米ドルに対しても上昇し、直近では1豪ドル=0.7488米ドル。オーバーナイトの取引で0.7540米ドルまで上昇した。

NZドルは1NZドル=0.7000米ドル付近がテクニカル上の強力な抵抗線となっており、0.6900米ドルへ押し戻された。

豪10年債利回りは2.868%と月初から70ベーシスポイント(bp)上昇し、テクニカル上の節目となる2.94─2.99%に接近した。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up