for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港金融当局が市場介入、28.65億香港ドル買い入れ

 香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)はニューヨークの取引時間帯に、香港ドルが対米ドルの取引バンドを越えて下落するのを防ぐため、28億6500万香港ドル(3億6500万ドル)を市場から買い入れた。写真は香港ドル硬貨。2017年5月撮影(2022年 ロイター/Thomas White/Illustration)

[香港 13日 ロイター] - 香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)はニューヨークの取引時間帯に、香港ドルが対米ドルの取引バンドを越えて下落するのを防ぐため、28億6500万香港ドル(3億6500万ドル)を市場から買い入れた。

香港ドルは1ドル=7.75─7.85香港ドルの取引バンド内で米ドルに連動するペッグ制を採用している。

HKMA報道官は13日、民間銀行の決済性預金口座の残高が5月16日に3290億5800万香港ドルに減少すると述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up