for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア中銀、政策金利据え置き 預金準備率引き上げを加速

[ジャカルタ 24日 ロイター] - インドネシア中央銀行は24日、主要政策金利の7日物リバースレポ金利を過去最低の3.50%に据え置いた。据え置きは市場の予想通り。

翌日物預金ファシリティー金利(FASBI)と貸出ファシリティー金利もそれぞれ2.75%、4.25%に据え置いた。

ペリー・ワルジヨ中銀総裁は記者会見で、市中銀行が中銀に預け入れる資金の比率である預金準備率(RRR)の引き上げペース加速を発表した。RRRは7月から7.5%に、9月から9%に引き上げる。従来は今年3回の引き上げで3.5%から6.5%に上げるとしていた。

総裁は、インフレ率が今年、中銀の目標である2─4%を若干上回るが、来年には目標圏内に入ると発言、インフレは管理可能だと述べた。

「(インフレ見通しを踏まえると)他の中銀のような金利を通じた対応の必要性は低下する」との認識も示した。

オンライン記者会見で「流動性正常化の加速は中銀が安定を維持するためのステップであり、一方で経済界への成長・融資支援を継続する」と述べた。

RRRの追加引き上げで銀行システムから110兆ルピア(75億1000万ドル)の流動性を吸い上げることになるが、総裁は貸し手の融資能力に影響を与えないはずだと述べた。

DBS銀行のシニアエコノミストは、エネルギー補助金でインフレリスクが抑制されたと指摘。「ルピアが他のアジア通貨に対して下げが限定的なこともあり、中銀が政策の正常化を急ぐ必要性は低下した」とし、RRRのような金利以外の手段が流動性吸収で用いられているとの見方を示した。

一方、メイバンク・インドネシアのエコノミスト、Myrdal Gunarto氏は、インフレ率が指標金利の水準を超えると見られる中、中銀は6月会合で利上げを開始すると予測。今年の利上げ幅は計75ベーシスポイントになると予想している。

中銀は2022年のGDP(国内総生産)伸び率見通しを4.5─5.3%に据え置いた。

UPDATE 2-Indonesia c.bank holds rates, to lift RRR more aggressivelyIndonesia c.bank keeps rates unchanged to underpin recovery Indonesia c.bank raises RRR to 9% by Sept

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up