Reuters logo
NY外為市場=ドルが対主要通貨で下落、軟化は一時的か
2013年7月8日 / 21:40 / 4年後

NY外為市場=ドルが対主要通貨で下落、軟化は一時的か

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 
 ドル/円    終値   100.98/99 
         始値   101.13/14 
     前営業日終値   101.20/24 
  
 ユーロ/ドル  終値   1.2869/71
         始値   1.2848/49
     前営業日終値   1.2830/32
 
    
    8日終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが他の主要通貨に対して下落した。
    ドルは6月半ば以降、米景気が他の地域に先駆けて回復し、米連邦準備理事会(FR
B)が債券買い入れプログラムの縮小に踏み切るとの観測から大幅に上昇してきただけに
、この日は騰勢一服となった。
    ただ、前週末発表の6月の米雇用統計が好調だったことでFRBの量的緩和早期縮小
の観測は高まっており、ドルは上昇基調を取り戻す公算が大きいとみられている。
    終盤のユーロ/ドルは0.3%高の1.2872ドル。ドル/円はアジア太平洋取引
時間帯に一時101.53円と1カ月半ぶりの高値を付けた後、終盤は0.2%安の10
0.99円で取引された。
    主要6通貨に対するドル指数は84.588と2010年7月以来の高水準を付けた
後、終盤は0.3%安の84.204。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below