Reuters logo
〔外為マーケットアイ〕ドル100.85円付近、IMM通貨先物でドル買い越しが大幅増加
2013年7月8日 / 22:46 / 4年後

〔外為マーケットアイ〕ドル100.85円付近、IMM通貨先物でドル買い越しが大幅増加

(最新情報を追加しました)

[東京 9日 ロイター] -

〔外為マーケットアイ〕

<08:13> ドル100.85円付近、IMM通貨先物でドル買い越しが大幅増加

ドルは100.85円付近で小動き。ユーロは129.75円付近。

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の取組(7月2日までの週)によると、ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する投機筋の取組高が223億7000万ドルの買い越しとなり、前週の132億8000万ドルから大幅に増加した。投機筋の買い越しは2月中旬から続いている。

円は売り越しは7万0736枚と前週(6月25日時点)の6万1462枚から増加。   ユーロは前週の1万7357枚の買い越しから、1万6090枚の売り越しに転じた。

英ポンドの売り越しは3万1324枚と、前週の1万9429枚から増加。   カナダドルの売り越しは1万6250枚と、前週の1万0638枚から増加。

豪ドルの売り越しは7万0515枚と、前週の6万1644枚から増加した。

 

<07:35> きょうの予想レンジはドル100.50―101.50円、米雇用統計受けたドル高は終息

ドル/円は100.88円付近、ユーロ/ドルは1.2870ドル付近、ユーロ/円は129.85円付近。きょうの予想レンジはドル/円が100.50―101.50円、ユーロ/ドルが1.2820─1.2920ドル、ユーロ/円が129.20―130.50円。

8日終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが他の主要通貨に対して下落した。主要6通貨に対するドル指数は84.588と2010年7月以来の高水準を付けた後、終盤は0.3%安の84.204。

  この日は、101円前半ではドル売り需要が意識されやすく、100円半ば付近では買い需要もでるとみられ、100円後半を中心とするもみあいとなりそうだ。

「米雇用統計を材料にしたドル高はいったん終息し、週半ばにかけてはバーナンキFRB議長の講演や、FOMC議事録、日銀の決定会合などに関心が移っていくだろう」(外為アナリスト)という。    ニューヨーク時間終盤に、米アルミ大手アルコア が発表した第2・四半期決算は、特別項目を除く利益が市場予想を上回った。同社の全部門で生産性が改善した。

リストラおよび訴訟関連費用などの一時的項目の影響を除くベースでの利益は7600万ドル(1株当たり0.07ドル)。 トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめた1株利益予想である0.06ドルを上回った。

アルコアの決算関連報道がアジア時間でどのように評価されるかも注目されるという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below