July 23, 2013 / 6:48 AM / 5 years ago

スイスのスウォッチ 、上期純利益は予想上回る前年比+6.1% 「下期も堅調に」

[チューリヒ 23日 ロイター] - 世界最大の時計メーカー、スイスのスウォッチ・グループ が発表した今年上期決算は、純利益が前年同期比6.1%増の7億6800万スイスフラン(8億2120万ドル)となり、ロイター調査による市場予想の7億2800万スイスフランを上回った。

総売上高もやや予想を上回り、8.7%増の41億8100万スイスフランとなった。

スイス製時計の主要な輸出先である大中華圏では、中国の汚職撲滅キャンペーンや「倹約令」で高級時計の需要が低迷しているものの、スウォッチは23日の声明で「グループの先行きは引き続き非常に明るく、下期も堅調になると見込まれる」と指摘した。スウォッチは下期に、中国の販売トレンドが改善するほか、新製品効果が表れるとみている。

スウォッチ・グループは、時計ブランドのオメガやロンジン、スウォッチを抱える。

スウォッチの営業利益率は、前年同期の24.5%から22.7%に低下。今年に10億ドルで買収した宝飾品メーカー、ハリー・ ウィンストンの統合コストや、マーケティング費の上昇が響いた。

スウォッチの株価は、ニック・ハイエック最高経営責任者(CEO)が上期は低迷する指摘していたことを受け、5月につけた過去最高値602スイスフランから約12%下落している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below