August 12, 2013 / 7:09 AM / 7 years ago

東京マーケット・サマリー・最終(12日)

[東京 12日 ロイター] - 
  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
    午後5時現在  96.75/77  1.3305/09  128.73/77
   NY午後5時 96.20/26  1.3339/44  128.37/41
    
    午後5時のドル/円 は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点に比べて
、ドル高/円安の96円後半。4―6月期の実質国内総生産(GDP)が市場予想を下回
ると、円売りポジションの解消でドル/円は一時96円を割り込んだが、95円台では値
ごろ感からの買い戻しが流入したことや、安倍晋三首相が景気に強気な見方を示したこと
で、いったん買い戻された。ただ、ドルを積極的に買う材料にも乏しく、高値では利益確
定売りに押された。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    13519.43円(95.76円安)
         13430.64円─13658.86円
 東証出来高   17億7744万株
 東証売買代金  1兆5971億円
    
    東京株式市場で日経平均は反落。取引時間中に6月28日以来1カ月半ぶりに1万3
500円を割り込んだ。前週末の米株が安かったことに加え、朝方発表された2013年
4─6月期実質国内総生産(GDP)が市場予想を下回ったことが嫌気された。一時円高
方向に振れたドル/円は安倍晋三首相が景気に自信を示したことで買い戻されたが、株式
市場の反応は鈍かった。市場参加者の多くは休暇モードで、東証1部の売買代金・出来高
ともに今年最低となった。
    
  東証1部騰落数は、値上がり544銘柄に対し、値下がりが1087銘柄、変わらず
が121銘柄だった。
  
 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時21分現在

 無担保コール翌日物金利                0.072%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り            ──         
 ユーロ円3カ月金利先物(2014年6月限)    99.745(─0.010)
                安値─高値     99.745─99.755
    
    無担保コール翌日物金利は0.07%中心での取引。主な取り手は地銀や信託、証券
など。国庫短期証券の発行要因で当座預金残高は減る方向となったが、高水準には変わり
はなく、取り上がる雰囲気にはならなかった。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCのT
+1レートは弱含み。ユーロ円3カ月金利先物は閑散小動き。中心限月2014年6月限
は前日清算値比変わらずの99.755。市場予想を下回った4─6月期国内総生産(G
DP)の結果には反応薄だった。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)    144.04(+0.02)
                安値─高値   143.93─144.13
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.745%(─0.005)
              安値─高値     0.755─0.745%

  国債先物は小幅続伸。円高・株安の流れを手掛かりに買いが先行。日銀オペ通告直後
に一時144円13銭と5月10日以来約3カ月ぶりの水準まで買われた。後場は、オペ
結果が順調だったが、益出し優勢となりマイナス圏に沈む場面があったが、日経平均株価
が下落幅を拡大すると、再び買い戻しが優勢となった。ただ、本格的な夏季休暇入りで出
来高は厚みを欠いた。現物債では、長期・超長期ゾーンが益出しに押される局面もあった
が、日銀オペ結果から業者の在庫は軽めに運営されているとの見方もあり、押し目買いが
優勢になる展開となった。中期ゾーンは翌日に5年利付国債の入札を控えた持ち高調整が
出ていた。朝方に発表された4─6月期実質国内総生産(GDP)1次速報は前期比プラ
ス0.6%、年率プラス2.6%と市場予想(同プラス0.9%、年率3.6%)を下回
った。ただ、消費増税判断の決定的な材料にならず、反応は限られた。
    国債先物中心限月9月限の大引けは、前営業日比2銭高の144円04銭。長期金利
は同変わらずの0.750%。一時は5月13日以来の0.745%に低下した。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

 政保債(地方公)10年 4.0─5.0bp
 銀行債(みずほ) 5年 12─13bp
 地方債(都債) 10年 4.0─5.0bp
 電力債(東電)  5年 210─220bp

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapa
nシリーズ19 はワイド化優勢となった。プレミアムは一時94ベーシスポ
イント(bp)と、前週末の取引(92.5bp)をやや上回る水準で取引が成立。午前
に発表された2013年4─6月期国内総生産(GDP)1次速報値が市場予想より下振
れしたことで、日経平均株価 が下落。この株安局面をとらえて信用リスクを回避
するプロテクションの買いが入ったという。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(16時16分現在の気配)

       2年物 0.30%─0.20%
       3年物 0.33%─0.23%
       4年物 0.39%─0.29%
       5年物 0.46%─0.36%
       7年物 0.66%─0.56%
      10年物 0.97%─0.87%

  をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below