August 15, 2013 / 8:28 AM / 7 years ago

世界の通商に占めるドイツの比率、今年と来年は低下へ=商工会議所

[ベルリン 15日 ロイター] - ドイツ商工会議所(DIHK)は15日、世界経済に関するリポートを公表し、世界の通商に占めるドイツの比率が今年と来年は低下する、との見通しを示した。ドイツの輸出の伸び率が、世界の通商全体の伸びを下回ると予想されるため、としている。

報告書によると、ドイツの輸出は今年は2%増加、来年は4%増加する見通し。それに対して、世界の通商の伸びは今年が3.8%、来年が6%の見通しという。

報告書はまた、中国はおそらく、ドイツ製品の輸出先として第5位の位置を失うとの見通しを示した。ドイツの2大輸出先は、現在、フランスと米国になっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below