August 22, 2013 / 5:35 PM / 5 years ago

ユーロ圏金融・債券市場・終盤=独連邦債利回り1年半ぶり高水準、指標やFOMC議事録で

[ロンドン 22日 ロイター] - 
  (カッコ内は先物が欧州市場の前営業日終値比、現物が前営業日終盤)
    
先物清算値
  3カ月物ユーロ(9月限)   99.76 (+0.01) 
  独連邦債2年物(9月限)  110.32 (‐0.01) <0#FGBS:>
  独連邦債5年物(9月限)  124.76 (‐0.20) <0#FGBM:>
  独連邦債10年物(9月限) 139.73 (‐0.41) <0#FGBL:>
  独連邦債30年物(9月限) 123.92 (‐0.56) <0#FGBX:>
 
現物利回り
  独連邦債2年物       0.234 (0.224)  
  独連邦債5年物       0.860 (0.827)  
  独連邦債10年物      1.919 (1.885)  
  独連邦債30年物      2.706 (2.679)  
    
    
    22日のユーロ圏金融・債券市場では、ドイツ連邦債利回りが2012年3月以来の
高水準をつけた。ユーロ圏の経済指標が予想を上回ったことや、米連邦準備理事会(FR
B)が早期に量的緩和縮小に踏み切るとの観測を背景に、安全資産の独連邦債が売られた
。
    前日発表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事録は、9月の縮小観測の後退に
はつながらず、米国債利回りを押し上げた。
    この流れを受けて独連邦債利回りも序盤から上昇、8月のユーロ圏購買担当者景気指
数(PMI)速報値が予想を上回ったことで、利回り上昇はさらに加速した。
    ドイツのPMIが7カ月ぶり高水準と、とりわけ良好だったことも、独連邦債の利回
りを一段と押し上げた。
    独連邦10年債利回り は4ベーシスポイント(bp)上昇の1.92
%。一時は1.943%まで上昇した。
    独連邦10債先物 は一時、2012年10月以来の低水準となる139.4
6まで下落した。
    
    インベステックの首席エコノミスト、フィリップ・ショー氏は「FOMC議事録は9
月縮小の観測を高める結果となった」とし、縮小は概ね織り込まれた格好だが、どの程度
まで織り込まれているか見極めるのは難しいと述べた。
    
    コメルツ銀行の金利ストラテジスト、ライナー・ギュンターマン氏は、ユーロ圏の国
債利回りが幅広く上昇した場合、欧州中央銀行(ECB)が9月5日の理事会で口先介入
を強める可能性があるとの見方を示した。
    短期金融市場では、ECBがフォワードガイダンスを導入した7月以前の水準に金利
が上昇しており、ガイダンスの効果を疑問視する声が強まっている。
    ギュンターマン氏は「ECBは語調を強める必要があるかもしれない。それでも不十
分なら、追加措置に関する思惑も出てくる可能性がある」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below