August 27, 2013 / 4:42 AM / 5 years ago

再送-米アムジェン 、オニキス を104億ドルで買収へ

(26日に配信した記事で、結腸直腸治療の抗がん剤新薬名を「スティバルガ」から「スチバーガ」に修正しました)

[26日 ロイター] - 米バイオテクノロジー大手アムジェン は25日、米バイオ製薬会社オニキス・ファーマシューティカルズ を約104億ドルで買収することで合意した。

アムジェンはオニキス株1株当たり125ドルを支払う。当初6月の提示額である120ドルと比べると、4.2%引き上げられたことになる。オニキスは当時、アムジェンの提示額が同社を大幅に過小評価しているとし、広く身売り先を募る方針を示していた。

今回の買収はバイオテクノロジー業界では過去5番目の規模の案件で、アムジェンにとっては2001年に160億ドルで買収したイミュネックス以来の大型案件。

アムジェンは買収により、オニキスが進めている新たな多発性骨髄腫(血液がん)治療薬「カイプロリス」の販売権を手にすることができる。アナリストは同薬のピーク時の年商を20億ドル以上と予想している。

また、オニキスがドイツのバイエル と共同販売している肝臓がんと腎臓がんの治療薬「ネクサバール」からの収入や、結腸直腸治療の抗がん剤新薬「スチバーガ」、有望な乳がん治療薬のロイヤリティー収入なども見込め、新薬パイプラインの拡充につながる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below