Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(2日)
2013年9月2日 / 06:32 / 4年後

東京マーケット・サマリー・最終(2日)

[東京 2日 ロイター] - 
  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
<外為市場>
         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
    午後5時現在 99.32/34  1.3208/12  131.19/23
  NY午後5時 98.14/17  1.3220/24  129.74/78
  
    午後5時のドル/円は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円
安の99円前半。日経平均 が堅調なことやシリア情勢に対する市場の懸念が若干
後退していることなどを受け、円売りの動きが優勢となった。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    13572.92円(184.06円高)
         13407.53円─13613.48円
 東証出来高   18億5326万株
 東証売買代金  1兆4598億円
    
    東京株式市場で日経平均は反発。終値で約1週間ぶりに1万3500円台を回復した
。米国によるシリア軍事介入の判断見送りなどを背景に過度なリスク回避姿勢が後退。寄
り前発表の法人企業統計で設備投資が増加したことも株高につながった。ただ商いは閑散
で実需勢は様子見姿勢を続けており、先物主導の上げに過ぎないとの声も出ている。
    
  東証1部騰落数は、値上がり1169銘柄に対し、値下がりが467銘柄、変わらず
が115銘柄だった。
  
 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時18分現在

 無担保コール翌日物金利                0.072%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り            ──         
 ユーロ円3カ月金利先物(2014年6月限)    99.745(変わらず)
                安値─高値     99.740─99.745
    
    無担保コール翌日物の加重平均レートは0.072%と前週末(0.072%)並み
になった。地銀、信託、証券などを主な取り手に、0.07%を中心に取引された。大手
行は0.065%で一部出合いを付けた。当座預金残高は財政等要因の不足で大きく減少
したが、87兆円規模の高水準を維持したため、金融機関の調達需要は限られた。
    ユーロ円3カ月金利先物は小動き。株高・債券安となったが、米国市場が休場なこと
もあり、全般に見送りムード。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)    144.17(─0.18)
                安値─高値   144.13─144.26
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.740%(+0.020)
              安値─高値     0.745─0.735%

    国債先物中心限月9月限は前営業日比18銭安の144円17銭と続落して引けた。
3日に10年債入札を控え、損失回避(ヘッジ)目的の売りが先行。日経平均がしっかり
と推移したことも、上値を重くする要因となった。もっとも、調整が一巡した午後になる
と、見送りムードが広がり狭いレンジでこう着感を強めた。
    現物市場は閑散。長期ゾーンを中心に入札に向けた調整売りが出た。10年最長期国
債利回り(長期金利)は同2.0bp高い0.740%。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

 政保債(地方公)10年 4.0─5.0bp
 銀行債(みずほ) 5年 12─13bp
 地方債(都債) 10年 5.0─5.5bp
 電力債(東電)  5年 280─310bp

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標となるiTraxxJa
panシリーズ19 がタイト化した。プレミアムは93ベーシスポイント(
bp)と、前週末の気配(93─97bp)から見て、信用リスクを回避するプロテクシ
ョンの買い(ビッド)の水準で取引が成立した。シリア情勢がひとまず小康状態となった
ほか、日経平均株価 が1万3500円台を回復するなど大幅反発したことに反応
したという。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(16時40分現在の気配)

       2年物 0.31%─0.21%
       3年物 0.35%─0.25%
       4年物 0.41%─0.31%
       5年物 0.48%─0.38%
       7年物 0.68%─0.58%
      10年物 0.99%─0.89%

  をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below