Reuters logo
上海外為市場=人民元は小幅高、基準値の元高設定受け最高値に近づく
2013年9月2日 / 07:18 / 4年後

上海外為市場=人民元は小幅高、基準値の元高設定受け最高値に近づく

[上海 2日 ロイター] - 週明け2日中盤の上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで小幅上昇し、史上最高値水準に近づいている。中国人民銀行(中央銀行)が取引の目安として示す人民元の対米ドル基準値を前営業日(8月30日)の同値よりもやや元高・ドル安に設定したことを受けた。当局が今は人民元の上昇を許容する考えであることをこの基準値設定は示しているとみられる。

人民元の対ドル相場 は正午ごろの段階で、1ドル=6.1166元と、前営業日終値から0.05%高。人民銀はこの日、人民元の対ドル基準値を1ドル=6.1702元に設定した。前営業日の基準値6.1709元に比べ元高・ドル安の水準。

上海に拠点を置く欧州系銀行のあるディーラーは「基準値が小幅ながら元高に設定されたのは、世界のマーケットでのドルの動きを反映したものではない」と指摘。「人民銀が今のところ、人民元相場の上昇を望んでいることを示す明確なシグナルだ」と説明した。

さらに「市場は人民銀が基準値を元高に設定したことを受け動いている。しかし、人民銀の動きが今週ロシアで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に照準を定めた一時的なものかもしれないと考えている」と話した。

中国政府はこれまで、主要な国際的政治イベントの前に、人民元相場を元高水準に誘導してきた。

しかしトレーダーらの多くは、短期的には人民元相場の上昇余地は限定的とみている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below