September 6, 2013 / 9:24 PM / 5 years ago

メキシコ中銀、予想外に25bp利下げ 成長下振れを懸念

[メキシコ市 6日 ロイター] - メキシコ中銀は6日、主要政策金利 を予想外に25ベーシスポイント(bp)引き下げ3.75%とした。メキシコ経済は、第2・四半期に4年ぶりにマイナス成長となるなど想定より下振れしており、インフレリスクよりも景気支援を優先する。

政策金利は2008年初めの導入以来、最低となる。

ロイターが実施したアナリスト調査では、全員が据え置きを見込んでいた。

またエコノミストの大半は、米連邦準備理事会(FRB)が資産買い入れ縮小開始を決定する可能性のある9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)に先立って、メキシコ中銀が措置を講じる公算は小さいと予想していた。

中銀は、インフレ率は向こう数カ月に低下する見通しである一方、成長に対するリスクは、従来の想定に比べて著しく高まっているとの認識を示した。来年の成長率も下振れする可能性が高いとしている。

*メキシコのインフレ率と政策金利の推移は以下をご覧ください。

link.reuters.com/puw76s

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below