Reuters logo
為替こうみる:ドル100円レンジに戻るには少し時間=三井住友信託銀・瀬良氏
2013年10月2日 / 02:35 / 4年後

為替こうみる:ドル100円レンジに戻るには少し時間=三井住友信託銀・瀬良氏

[東京 2日 ロイター] -

<三井住友信託銀行 マーケット・ストラテジスト 瀬良礼子氏>

米政府機関が一部閉鎖される事態となっているが、1週間程度で終わるのか、2週間となると10月17日にデット・シーリングの期限が来る。デット・シーリングの引き上げとともに暫定的な対応がとられるのかどうか。抜本的な対応はたぶん無理なので、暫定でつないでということになるのだろうが、必要最低限の政府機関の再開ができる予算合意をあと2週間でできるかどうかがポイントだ。

10月米連邦公開市場委員会(FOMC)でのテーパリング(緩和縮小)はこれで完全になくなったと判断している。2週間程度で終われば経済にもそれほど大きな影響はないが、その先も続くようであれば打撃は大きい。今後、何らかの妥協が成立するとみているが、とりあえずこの2週間が勝負だ。それまでに終わるのであれば、景気もそれほど大きく下振れないので、12月のテーパリングも考えられるだろう。

目先はリスクオンに傾きにくい。ドル/円は8月に96円程度まで下げており、大きく振れるときはこの水準まで下げてもおかしくない。抜本合意しなくても暫定措置をとって議論を重ねていくということになれば、再び99円、100円というレンジに戻ってくるだろうが、そこに戻るには少し時間がかかるかもしれない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below