Reuters logo
UPDATE 1-経済対策とりまとめへ閣僚に協力要請、12月上旬策定 国債発行回避へ=甘利経済再生相
November 19, 2013 / 1:26 AM / in 4 years

UPDATE 1-経済対策とりまとめへ閣僚に協力要請、12月上旬策定 国債発行回避へ=甘利経済再生相

(内容を追加しました)

[東京 19日 ロイター] - 甘利明経済再生担当相は19日、閣議後の会見で、同日の閣僚懇談会で各閣僚に対して経済対策の取りまとめへの協力を要請したことを明らかにした。経済対策は12月上旬に策定し、競争力強化や高齢者・女性・若者向けの施策、復興・防災・安全対策の加速が柱となる。対策財源では、新規国債の発行が回避できる見通しを示した。

<経済対策、競争力強化や復興加速など柱>

甘利再生相によると、新たな経済対策は、来年4月に消費税率を引き上げても、景気を腰折れさせることなく、日本経済を成長軌道に早期に復帰させることが目的。「目先の景気を押し上げる一過性のものではない、民需主導の力強い成長を実現させるものだ」と強調した。

策定にあたっては、消費増税に伴う駆け込み需要と反動減の緩和、成長力を底上げして未来につながる投資とすることを重視し、具体的には、1)競争力強化策、2)高齢者・女性・若者向け施策、3)復興・防災・安全対策の加速──の3点を柱とする。

今後、2013年度の補正予算の編成に際し、各省庁が施策や予算の要望を行うが、甘利再生相は重点項目に沿わないものは認めない、と語った。

対策規模は5兆円程度になる見通しで、財源には12年度決算の剰余金や今年度税収の上振れ分などを活用する。税収見通しなどは現段階で確定していないが、甘利再生相は「国債発行せずに対応できる見通しが立ちつつある」と語った。

<三木谷氏の辞意撤回、「大人の対応」>

また、市販薬のネット販売の規制存廃をめぐって、産業競争力会議の民間議員を辞任する意向を示していた楽天 の三木谷浩史社長が18日、安倍晋三首相との会談後に辞意を撤回する考えを示したことについては「大人の対応をされたのだと思う」と述べた。

伊藤純夫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below