December 6, 2013 / 3:47 AM / in 6 years

指標予測=10月経常黒字は1530億円程度、黒字幅縮小へ

[東京 6日 ロイター] - ロイターが集計した民間調査機関の事前予測によると、財務省が9日に発表する10月経常収支は中央値1530億円程度の黒字となった。高水準の貿易赤字を背景に、黒字幅が縮小するとの見方が多い。

財務省が11月11日発表した国際収支状況速報によると、9月の経常収支は5873億円の黒字となった。前年比では14.3%増だった。10月の予測について、専門家の間では「所得収支黒字の拡大が続いているが、10月は大幅な貿易赤字が経常黒字の押し下げ要因となるだろう」(信金中央金庫)との見方が出ている。

 先行きについては「当面は消費税引き上げ前の駆け込み需要によって、輸入に増加圧力がかかりやすい。高水準の貿易赤字が経常黒字の減少要因になる構図が続く公算が大きい」(第一生命経済研究所)との指摘があった。

 予想の集計結果は以下の通り。(単位・10億円)  

   収支額 中央値        153.0  最大値    330.0 最小値        -150.0

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below