Reuters logo
クリミア問題、失うものが最も大きいのはロシア=オランダ首相
2014年3月23日 / 22:58 / 4年後

クリミア問題、失うものが最も大きいのはロシア=オランダ首相

[ハーグ 23日 ロイター] - オランダのルッテ首相は23日、クリミア情勢をめぐり、失うものが最も大きいのはロシアだとの認識を示した。核安全保障サミットの合間に日米欧7カ国(G7)首脳が協議するのを控え、ロイターとのインタビューで語った。

首相は「ロシア経済は石油とガスに非常に集中している」と指摘。「ロシア経済には多様性がなく、成長率はここ数年で大幅に鈍化している。制裁が実行されれば、ロシアへのダメージは非常に大きくなるだろう」と述べた。

G7首脳は核安全保障サミットの合間にウクライナ情勢について協議する。オランダはG7のメンバーではないが、24日の協議でホスト役を務めることに同意した。

首相はまた、核安全保障サミットの本来の目的にも言及。「ロシアや米国など全ての参加国は核安全保障問題が非常に重要であると認識しており、現在の情勢が強力な声明での合意を妨げることを望んでいないだろう」と指摘した。

サミットには、中国やドイツ、日本、英国、カナダ、フランスなど53カ国からの代表者が出席する。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below