June 26, 2014 / 11:43 PM / 5 years ago

エアバスA330改良版、ロールスロイス製エンジン採用か=関係筋

[パリ 26日 ロイター] - 欧州航空機大手エアバス は同社のA330型旅客機の改良版に関して、英航空機エンジン大手ロールス・ロイス 製のエンジンを採用する決断を間もなく行う見通しだ。関係筋が明らかにした。

エアバスがロールス・ロイス製エンジンの搭載を決めた場合、米ボーイング の旅客機787型機との受注競争が新たな段階に入るきっかけになるとみられる。

既存のA330型機のエンジンには、米複合企業ゼネラル・エレクトリック の製品が使用されている。同筋によると、A330型旅客機改良版の唯一のエンジン供給先としてロールス・ロイスを指定するには、エアバス取締役会の承認が必要となる。ロールス・ロイス製エンジンが搭載されれば、燃料費の最大14─15%削減につながるとされている。

英ファーンボローで7月14─20日に国際航空ショーが予定されており、エアバスの取締役らは同航空ショーの前に協議を行うと見込まれている。ただ、同航空ショーでは新たな発表が行われる機会が多いものの、エアバスは受注の動向を見極めようとするため、この場で新事業を公表するかどうかは明確ではない。

エアバスの広報担当者はこの件に関して、「まだ何も決まっていない」と述べるにとどめた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below