July 3, 2014 / 9:02 AM / 5 years ago

UPDATE 2-スウェーデン中銀、政策金利を50bp引き下げ 総裁は反対票

(内容を追加しました)

[ストックホルム 3日 ロイター] - スウェーデン中銀は3日、政策金利のレポレートを0.75%から50ベーシスポイント(bp)引き下げ、0.25%とした。

インフレ率が想定を下回っていると指摘、7カ月ぶりの利下げに踏み切った。ロイター調査では0.50%への利下げが予想されていた。

スウェーデン中銀はまた、将来の金利予想(平均)を「大幅に」引き下げ、2015年末までの利上げは見込まないとしている。さらに、年内に追加利下げを行う可能性が小さいながらもある、と見ている。

SEBのエコノミスト、オレ・ホルムグレン氏は「予想していたよりも大胆な措置だった」とし「インフレターゲットが再び注視されている。利上げ開始までには、まだ当面かかるだろう」との見方を示した。

中銀の決定を受け、スウェーデンクローナは対ユーロで3年半ぶりの安値に下落。決定前の1ユーロ=9.1950クローナから、決定後には同9.3900クローナをつけた。その後はやや値を戻している。

スウェーデンのインフレ率はここ数カ月間、ゼロ%付近で推移しており、中銀のターゲットである2%を大幅に下回っている。中銀は、声明で「広範囲なインフレ率の低下が見られる。基調的なインフレ圧力は、4月時点の想定よりも明らかに後退している」との認識を示した。

また、スウェーデン中銀のイングベス総裁は25bpの引き下げを求め、今回の決定に反対票を投じた。同中銀が独立した1999年以降、金利決定で総裁が少数派となったのは初めて。

以下は中銀が発表した政策金利予想(カッコ内は前回予想)

Q3 2014 0.29 (0.66)   Q4 2014 0.22 (0.65)

Q3 2017 2.35

CPI、GDP、失業率の予想

(CPIとGDPは前年比。カッコ内は前回予想)

2014 2015 2016

CPI -0.1 (+0.2) +1.3 (+2.2) +3.0 (+3.2)

GDP +2.2 (+2.7) +3.3 (+3.2) +3.1 (+2.8)

Unempl 8.0 (7.9) 7.3 (7.3) 6.7 (6.7)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below