July 4, 2014 / 6:02 AM / in 5 years

UPDATE 1-中国・香港株式市場・前場=上海反落、不動産株は堅調 香港横ばい

(内容を追加しました)
    [香港 4日 ロイター] - 
    上海総合指数    前営業日比    売買代金概算
    前場終値   2056.455     6.774安    489.0億元(上海A株)
    寄り付き   2062.358     0.871安
    前営業日終値 2063.229     3.811高    960.6億元(上海A株)
    
    ハンセン指数 
    前場終値   23535.84      4.40高    288.1億香港ドル
    寄り付き   23609.32     77.88高
    前営業日終値 23531.44     18.18安    565.7億香港ドル
    
    中国株式市場は反落して前場の取引を終えた。ここのところアウトパフォームしてい
た銘柄に利食い売りが出た。ただ、不動産株が堅調で下値は限定的となった。
    上海総合指数 は6.774ポイント(0.33%)安の2056.455。
    大型株中心で深セン上場銘柄を含む滬深300指数 は4.070ポイント
(0.19%)安の2176.122。
    
    香港株式市場はほぼ横ばいで前引け。堅調な米雇用統計を受けて序盤に上昇したが、
その後は伸び悩んだ。
    ハンセン指数 は4.40ポイント(0.02%)高の2万3535.84。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数) は4営業日続伸しており、38.91
ポイント(0.37%)高の1万0493.18。
    
    今週アウトパフォームしていた海運株や港湾株の下げがきつい。
    大連港 と日照港 がいずれも9.4%安。中海集装箱運輸(C
SCL) は3.4%安。
    
    香港の小売株も甘い。前日遅くに発表された5月の小売売上高が4カ月連続で落ち込
んだことが嫌気された。
    宝飾品販売の六福集団 が2.3%安、ショッピングモールを保有するデベ
ロッパーの九龍倉集団(ワーフ・ホールディングス) は1.0%安。
    
    半面、不動産株が堅調。
    保利房地産 は上海市場で1.8%高。万科企業  は
深セン市場で2.8%高、香港市場で2.9%高。
    バークレイズは3日付ノートの中で、不動産セクターの最近の堅調なパフォーマンス
について、大半の都市における政策環境の緩和および6月販売が改善したことを理由に挙
げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below