July 7, 2014 / 12:06 PM / 4 years ago

東南アジア株式=ジャカルタが3カ月ぶり高値、クアラルンプールは過去最高

[バンコク 7日 ロイター] - 7日の東南アジア株式市場では、ジャカルタ市場の株価が約3カ月ぶりの高値を付けた。インドネシア・ルピア相場の上昇に加え、大型株への資金流入が背景。クアラルンプール市場は銀行株主導で上昇し、過去最高値で取引を終えた。

ジャカルタ市場では、9日に予定されるインドネシア大統領選を控える中、外国人投資家が慎重ながら株式投資を拡大した。トムソン・ロイターのデータによると、通信大手テルコム やラクヤット・インドネシア銀行(BRI) などの大型株が買い越されている。

外国人投資家はジャカルタ市場で、3営業日ぶりに買い越した。買い越し額は7606億ルピア(約6504万ドル)。

ジャカルタ市場の総合株価指数 は前週末終値比1.70%高の4989.03で終了した。上げ幅としては4月1日以来の大きさ。ルピアは上昇し、約5週間ぶりの高値を付けた。

クアラルンプール市場の総合株価指数 は0.40%高の1892.50と、史上最高値で引けた。メイバンク やパブリック・バンク といった銀行株に積極的な買いが見られた。

ロイターの調査結果によると、マレーシア中央銀行は今週の会合で、主要政策金利を3.25%に引き上げることを決めるとみられている。

マニラ市場の主要株価指数PSEi の終値は0.53%高の6999.10。外国人投資家はフィリピン・アイランズ銀行 に加え、メガワールド などの不動産株に買いを入れた。買い越し額は9億0100万ペソ(約2072万ドル)。

バンコク市場のSET指数 は0.49%高の1503.21と、心理的節目の1500を上回る水準で終了した。タイ石油会社(PTT) が買われた。外国勢の買い越し額は17億バーツ(約3086万ドル)。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI) は0.59%高の3291.57。ホーチミン市場のVN指数 は0.23%高の590.69と、約3カ月ぶり高値で終了した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below