July 16, 2014 / 11:03 PM / 5 years ago

アルゼンチン債務問題、米地裁が銀行などからの申立を22日審理へ

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米連邦地裁のトーマス・グリーサ判事は16日、アルゼンチン債務問題をめぐり、銀行や決済機関から提出された申し立ての審理を22日に実施することを明らかにした。

アルゼンチンが利払いの原資として5億3900万ドルを預託したバンク・オブ・ニューヨーク・メロンは、この資金の取り扱いについて、裁判所の指示を求めている。

ほかには、アルゼンチンのユーロ建て債券保有者ら、決済機関のユーロクリア・バンクとクリアストリーム・バンキング、米金融大手JPモルガン・チェース に加え、エリオット・キャピタル・マネジメントの子会社NMLキャピタルが申し立てを行っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below