July 25, 2014 / 3:03 AM / 5 years ago

英グラクソ、シリアでの贈賄で告発受ける

[ロンドン 24日 ロイター] - 英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)がシリアで贈賄を行ったとして、関係者から告発されたことが分かった。告発者が同社のアンドルー・ウィッティー最高経営責任者(CEO)らに宛てた18日付の電子メールをロイターが入手した。

メールによると、グラクソは2010年、シリアにおける消費者向け医療事業に関連し、汚職関連法に違反して医者、歯科医、薬剤師、政府高官らに現金や講演料、旅行接待などの形で贈賄を行い、入札での勝利や事業上の不当な優遇措置を得ようとした。

グラクソは自社の従業員のほか、シリアにおける流通業者であるマートゥーク・グループを使って違法な支払いを行っていたという。

グラクソのシリア消費者向け医療事業には鎮痛剤パナドールや口腔ケア商品が含まれていたが、同国の内戦が激化したのに伴い、12年に閉鎖されている。

電子メールの送り主は、同じ情報を米司法省と米証券取引委員会(SEC)にも送るとしている。

グラクソは「わが社は倫理に反するいかなる行為も容赦しない。この電子メールのすべての主張について徹底的に調査する」との声明を出した。

グラクソは昨年7月に中国での贈賄事件が発覚したのを皮切りに、ポーランド、イラク、ヨルダン、レバノンでも小規模な贈賄疑惑が浮上。シリアは6カ国目となる。

英重大不正捜査局(SFO)はことし5月、グラクソの海外事業について刑事捜査に着手。米司法省も連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)違反の疑いで同社を調査している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below