August 6, 2014 / 12:11 PM / 3 years ago

米コカ・コーラ、ロシアの一部テレビ局で広告打ち切り

[モスクワ 6日 ロイター] - 米飲料大手コカ・コーラ は6日、ロシアの4つのテレビ放送チャンネルで広告を打ち切ったと明らかにした。第2・四半期の売上高減少を受けて、マーケティング計画を見直したことを理由に挙げた。

ロシアの日刊紙コメルサントは、広告停止となったのがREN─TV、チャンネル・ファイブ、ドマシュニーと国防省に属するズベズダと報じていた。

同紙は関係筋の話として、このうち3チャンネルが欧米の対ロシア制裁の対象となった人物に関係しているため、広告の打ち切りは制裁と恐らく関連があると報じた。

コカ・コーラはこの見方を否定し、政治的動機はないと表明。広報担当者は電子メールで、ロシアでの第2・四半期の飲料販売を精査した結果、テレビ上の宣伝活動の計画を変更し、TV局を絞る決定をしたと述べた。今後も13のチャンネルで広告を展開するという。

コメルサントによると、コカ・コーラのロシアでの年間広告支出は25億ルーブル(6900万ドル)と、最大手の広告主の1つだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below