August 8, 2014 / 9:33 PM / 5 years ago

米国株式市場=反発、ロシア軍事演習終了で安心感

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 
  (カッコ内は前営業日比)

  ダウ工業株30種(ドル) 
     終値         16553.93(+185.66)
       前営業日終値       16368.27(‐ 75.07)

  ナスダック総合 
     終値              4370.90(+35.93)
       前営業日終値       4334.97(‐20.08)

  S&P総合500種 
     終値               1931.59(+22.02)
       前営業日終値       1909.57(‐10.67)
    
    
    8日の米国株式市場は、ロシアがウクライナとの国境付近で実施していた軍事演習を
終了したと発表したことを受け安心感が広がり、反発して終了した。
    インタファクス通信によると、ロシア国防省はこの日、ウクライナとの国境付近で実
施していた軍事演習を終了したと発表。米国は同演習を挑発的な行動として非難していた
ため、これを受け株価は上昇した。
    スチュアート・キャピタル・アドバイザーズの首席投資責任者(CIO)、マルコム
・ポーレー氏は、ロシア発の緊張緩和のニュースを受け、先行き不透明感が一部払しょく
されたと述べた。
    米軍はこの日、イラクのクルド人自治区で、イスラム教スンニ派の過激派組織「イス
 ラム国」に対する空爆を開始。2011年の駐留軍撤退以降初めての軍事行動に踏み切 
ったが、ポーレー氏は、米政府がイラクで行っていることを明確に説明したことも不安感
の払しょくにつながったとしている。
    
    ダウ工業株30種 終値は185.66ドル(1.13%)高の1万6553.
93ドル。
    ナスダック総合指数 は35.93ポイント(0.83%)高の4370.9
0。
    S&P総合500種 は22.02ポイント(1.15%)高の1931.59
で取引を終えた。
    週足では、ダウとナスダックが0.4%、S&Pが0.3%、それぞれ上昇した。
    
    相場の上昇に貢献したのは公益株とエネルギー関連株。このほか、好決算を発表した
半導体メーカーのエヌビディア が8.8%高となった。    
    医薬品テクミラ・ファーマシューティカルズ の米市場上場株は商いを伴って
45.1%高と急騰。米食品医薬品局(FDA)が前日、同社が開発しているエボラ出血
熱の治療薬感染者への試験的投与を部分的に認めたことが好感された。
    
    BATSの取引所データによると、すべての米プラットフォームの出来高は約55億
株で、5日間平均の65億ドルを下回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below