August 17, 2014 / 11:52 PM / 5 years ago

米検察当局、ハッキングで軍事機密盗んだ罪で中国人の男を起訴

[15日 ロイター] - 米連邦検察当局は15日、ボーイング といった米防衛関連企業のコンピューターシステムをハッキングし、軍用機に関する機密計画を盗んだ罪で、中国人ビジネスマンのスー・ビン容疑者を起訴したと発表した。

ロサンゼルスの連邦裁判所に提出された起訴状によると、スー被告は2008─14年に少なくとも10回訪米し、中国にいる2人の共謀者と協力して軍事機密を盗んだとされる。共謀者2人の身元には言及されていない。

検察当局はスー被告を含む3人について、C─17輸送機、F─22およびF─35戦闘機に関する計画を盗み、中国企業への売却を企てたと指摘した。

米連邦捜査局(FBI)によると、スー被告は6月にカナダで身柄を拘束された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below