Reuters logo
WRAPUP1-安倍首相、後藤さん解放求める声明発表 犯行グループは条件変更
2015年1月24日 / 18:12 / 3年後

WRAPUP1-安倍首相、後藤さん解放求める声明発表 犯行グループは条件変更

[東京 25日 ロイター] - 「イスラム国」とみられる過激派組織に拘束された湯川遥菜さん(42)と後藤健二さん(47)のうち、湯川さんとみられる1人が殺害された写真がインターネット上に配信されたことに対し、安倍晋三首相は25日午前1時すぎ、許しがたい暴挙であり、断固として非難するとの声明を発表した。そのうえで後藤さんを直ちに解放するよう強く要求すると語った。

一方、犯行グループは身代金要求を取り下げ、後藤さん解放の条件として、ヨルダンで収監されている女性の死刑囚の釈放を要求した。

安倍首相は、声明を読み上げ、その中で「(湯川さんの)ご家族のご心痛は察するに余りあり、言葉もありません」と述べた。さらに「あらためて後藤健二さんに危害を加えないよう、そして直ちに解放するよう強く要求する」と語った。

そのうえで「日本政府としては引き続きテロに屈することなく、国際社会とともに世界の平和と安定に積極的に貢献していく。今後も邦人の解放に向けて政府をあげて取り組んでいく」と述べた。

この会見の直前に開催された関係閣僚会議で、安倍首相は「テロに屈することなく、国際社会のテロへの取り組みに積極的に貢献する」とし、「現在あらゆる外交ルート、手段を尽くして解放に向けて取り組んでいる」と語った。

また、岸田文雄外相は「後藤健二氏の解放を強く求め、外務省としても全力でとりくんでいく。邦人の安全確保を全在外公館にあらためて強く指示を出した」と述べた。

中谷元防衛相は、防衛省の対応について「引き続き情報収集とか、各国に対する依頼、また現地の駐在武官などを通じた働きかけとか情報収集などだ」と語った。また、犯行グループの要求内容が変わってきた点については「現在、官邸で官房長官中心に対応を協議している」と述べた。

一方、インターネット上に投稿された画像では、後藤さんとみられる男性からのメッセージとして「彼らはもはや金を求めていない。テロリストに資金を出すことになると心配する必要はない」「彼らは、収監中のサジダ・リシャウィの釈放を要求している。サジダを引き渡せば、私は自由になる」「日本政府の代表たちがヨルダンにいる。あなた方がサジダを取り戻せば私は即座に解放されるだろう」との表現があった。

共同通信によると、犯行グループが釈放を求めたサジダ・リシャウィ死刑囚は、40代のイラク人女性。現在はヨルダンで収監されている。

2005年11月、ヨルダンの首都アンマンのホテル結婚式場で起きた自爆テロで、夫と自爆を試みたが、捕まった。このテロについては、イスラム国の母体の1つとなったイラク聖戦アルカイダ組織が犯行声明を出した。 (田巻一彦 編集:宮崎大)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below