March 11, 2015 / 10:06 AM / 5 years ago

UPDATE 1-ECBの債券買入れ、ギリシャ問題の波及回避に寄与=ドラギ総裁

(内容を追加しました)

[フランクフルト 11日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は11日、ECBの国債、その他債券の買い入れは、ギリシャ問題の他国への波及回避に寄与するとの見解を示した。フランクフルトで開催された会合での発言。

ドラギ総裁は「ギリシャの危機にもかかわらず、ポルトガルなど、債務問題で支援を受けた国の国債利回りは一段と低下している。これは、資産購入プログラムが、(ギリシャからの)波及を防いでいることを示唆している」と述べた。

ただ、資産購入プログラムがリスクを伴うことを認めた。総裁は「われわれの措置が、金融安定にかかわるリスクをはらむことは認識している。しかし、現在のところそうしたリスクは抑制されている」と語った。

ギリシャは国際支援をめぐり、11日にブリュッセルで欧州連合(EU)、ECB、国際通貨基金(IMF)の3機関で構成する「トロイカ」と実務的な協議を開始する。

ドラギ総裁はユーロ圏経済については、減速局面から転換したと指摘。景気回復の裾野が徐々に広がり、強まるとの期待を示した。

上方修正されたECBスタッフ予想に関しては、発表したすべての措置の完全な実施が前提になると説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below