April 30, 2015 / 5:02 PM / 5 years ago

ユーロ圏金融・債券市場=独連邦債利回り急上昇、デフレ脱却でQE効果ほぼ打ち消し

[ロンドン 30日 ロイター] - 
 
   (カッコ内は先物が欧州市場の前営業日終値比、現物が前営業日終盤)
 
 *GMT:16時40分
 
 先物清算値
   3カ月物ユーロ(6月限)   100.01 (+0.00)        
   独連邦債2年物(6月限)  111.18 (‐0.03)         <0#FGBS:>
   独連邦債5年物(6月限)  128.80 (‐0.27)         <0#FGBM:>
   独連邦債10年物(6月限) 156.70 (‐1.03)         <0#FGBL:>
   独連邦債30年物(6月限) 168.66 (‐2.08)         <0#FGBX:>
  
 現物利回り
   独連邦債2年物       -0.221 (-0.234)                           
   独連邦債5年物       0.010 (-0.036)                           
   独連邦債10年物      0.362 (0.284)                             
   独連邦債30年物      0.834 (0.766)                             
 
    
    30日のユーロ圏金融・債券市場では、独連邦債利回りがこの日も上昇。2日間の上
昇幅としては、ユーロ圏の債務危機が深刻化していた2011年以来の大きさを記録した
。
    同日発表された4月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)統計で、5カ月ぶりのデフ
レ脱却が確認されたことが利回りの押し上げ要因となった。
    独10年債利回り は9ベーシスポイント(bp)上昇の0.37%。
欧州中央銀行(ECB)が量的緩和(QE)策を開始する前日に記録した0.397%の
水準に迫った。29日の取引開始以降、利回り上昇幅は20bp超に達し、債務危機でユ
ーロ分裂の懸念が高まっていた2011年11月以来の大きさとなった。
    ECBが量的緩和で国債を大量購入しているため、市場の流動性が低下しており、値
動きが増幅された面もある。
    また祝日を控えていることに加え、市場ではECBの量的緩和で独連邦債利回りはマ
イナスに低下することもあり得るとの見方が広がっていたため、ここ数日の利回り急上昇
で多くの市場関係者が不意を付かれた格好となった。
    スペイン 、イタリア の10年物国債利回りは変わらずの
それぞれ1.47%、1.46%。前日は利回りが12━13bp上昇していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below