September 2, 2015 / 3:44 PM / 3 years ago

UPDATE 1-米8月ADP雇用報告は19万人増、予想下回るも底堅さ維持

(内容を追加しました。)

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが2日発表した8月の全米雇用報告によると、民間部門雇用者数は19万人増加した。国際金融市場が動揺したにもかかわらず、堅調な伸びを維持し、連邦準備理事会(FRB)が年内の利上げを検討できるほど、労働市場の勢いが今後も力強い可能性を示唆した。

伸びは市場予想の20万1000人増を下回ったが、7月の17万7000人増(18万5000人増から下方修正)からは加速した。

ムーディーズ・アナリティクスの首席エコノミスト、マーク・ザンディ氏は「雇用の伸びは依然力強く、エネルギー業界を除き、幅広い産業で雇用が拡大している」と分析した。

8月の米雇用統計に関するロイター調査では、非農業部門雇用者数は22万人増、失業率は5.2%に低下すると予想されている。ただ過去数年の傾向から、8月分は当初弱い数字となり、後に上方修正されるパターンが続いており、今回も下振れのリスクがある。

RDQエコノミクスの首席エコノミスト、ジョン・ライディング氏は、仮に8月の雇用統計で伸びが20万人増を大きく割り込んでも、「ADP雇用報告で雇用者数が一貫して拡大しているため、8月も労働市場のすう勢が変わっていないとの安心材料を提供する」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below