September 10, 2015 / 5:57 AM / in 4 years

UPDATE 1-中国・香港株式市場・前場=反落、利食い売り優勢

(内容を追加しました)
    [上海 10日 ロイター] - 
    上海総合指数     前営業日比   売買代金概算
    前場終値   3211.9265   31.1624安    1630.3億元(上海A株)
    寄り付き   3190.5530  52.5359安
  前営業日終値 3243.0889  72.6367高   4121.8億元(上海A株)
    
    ハンセン指数 
    前場終値    21654.85   476.46安    416.7億香港ドル
    寄り付き    21667.86   463.45安
  前営業日終値  22131.31   872.27高    1154.3億香港ドル
    
    10日前場の中国・香港株式市場は反落した。過去2営業日に大幅に上昇した反動で
、利食い売りが優勢になった。前日の米株安を受け、アジア株は不安定になっている。
    中国市場では、上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するC
SI300指数 は29.211ポイント(0.86%)安の3370.094
で前場を終了。上海総合指数 は31.1624ポイント(0.96%)安の32
11.9265で前引けた。8日と9日の2日間で両指数は約5%上昇していた。
    香港市場では、ハンセン指数 は476.46ポイント(2.15%)安の2万
1654.85。ハンセン中国企業株指数(H株指数) は、205.67ポイン
ト(2.06%)安の9769.86。ハンセン指数は前日、4.1%急伸していた。
    
    しかし、今のところパニック的な売りは見られない。中国の李克強首相は9日、国内
経済の見通しは引き続き前向きで、金融システムへの主要リスクも回避したと強調した。
    きょう発表された8月の中国のインフレ統計では、生産者物価指数(PPI)が引き
続き低下したものの、アナリストは、株式市場への影響はほとんどない、と話している。
    野村のチーフ株式ストラテジスト、ウェンディ・リュー氏は、投資家は中国株に悲観
的になり過ぎていると指摘。割安になった今こそ買いのチャンスだと話す。同氏は「皆が
弱気になり、資金を株式に振り向けたがらないときこそ、やや強気になるべきだ」とした
上で、中国株は今後上向き、それは来年初頭まで続く可能性がある、との見方を示した。
    
    ただ、きょうは大半のセクターが調整、上昇したのは銀行 、ヘルスケア<
.CSI300HC>のみだった。取引高の減少予想を背景に証券株はアンダーパフォームした。
    香港市場では、主要セクターのすべてがマイナス圏に沈んで前場の取引を終了した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below