Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、円安含みの為替が支援材料に
2016年10月17日 / 01:02 / 1年後

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、円安含みの為替が支援材料に

[東京 17日 ロイター] -

<09:52>  日経平均は堅調、円安含みの為替が支援材料に

日経平均は堅調。1万6900円台前半で推移している。鉱業、鉄鋼、証券などが買い優勢。半面、電気・ガスや水産・農林などが下落している。

市場では「1ドル104円台と円安含みにある為替が支援材料だ。ただ、このところのボックス相場の上限である日経平均1万7000円に接近すると上値の重さが意識されやすい。GLOBEX(シカゴの24時間金融先物取引システム)で米株価指数先物がさえないことも投資家の慎重な姿勢につながっている」(国内投信)という。

<09:15>  寄り付きの日経平均は続伸、為替にらみで上値には慎重

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比15円47銭高の1万6871円84銭と続伸している。前週末の米国株高や為替の落ち着きを背景に小口買いが先行した。寄り後は売り買いが交錯し、伸び悩む展開となっている。朝方の外為市場で円相場がやや強含んでいることで、上値には慎重姿勢もみられる。鉄鋼、非鉄、鉱業が高い。半面、電力、ゴム製品、海運はさえない。

<08:25>  寄り前の板状況、主力輸出株はまちまち

市場関係者によると、寄り前の板状況は、主力輸出株でトヨタ自動車 、ホンダ がやや売り優勢。キヤノン 、ソニー 、パナソニック は売り買い拮抗している。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック はやや売り優勢となっている。

大手銀行株では、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ がいずれも売り買い拮抗している。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物<0#JNI:>,SGX日経225先物 <0#SSI:>,TOPIX先物<0#JTI:>,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below