October 26, 2016 / 6:21 AM / 3 years ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小反落、長期金利-0.065%に上昇

[東京 26日 ロイター] - リアルタイム金利データは reuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ratesviews をクリックしてご覧ください。

<15:15> 国債先物は小反落、長期金利-0.065%に上昇

長期国債先物は小反落。前場は、前日夜間取引で下落した流れを受けて売りが先行するとみられていたが、日銀買い入れへの期待が下値を支えた。後場に入ると、日銀が中期を対象に実施した国債買い入れ結果が弱い内容となったことを受けて、短期筋の売りが優勢になる場面があったが、取引レンジが大きく切り下がることはなかった。出来高も盛り上がりを欠いた。

現物債は中長期ゾーンが売られる一方で、超長期ゾーンが買われる展開となった。長期ゾーンは先物主導の展開。中期ゾーンはあす2年債入札が実施されることや、日銀オペ結果が弱かったため、軟化した。超長期ゾーンは前日に20年債入札を順調にこなしたことに加え、超長期を対象にした日銀オペがしっかりとした内容だったことが買いを誘った。ただ、イールドカーブの平坦化に対する警戒感が一部で浮上していた。

長期国債先物中心限月12月限の大引けは、前営業日比1銭安の151円88銭。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp上昇のマイナス0.065%。

短期金融市場では、無担保コール翌日物はマイナス0.03─マイナス0.05%付近を中心に取引された。取引金利水準は前日とほぼ同水準。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートはマイナス0.088%、TIBOR(東京銀行間取引金利)3月物は0.056%といずれも横ばい。3カ月物の国庫短期証券(641回)は強含み。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

<12:40> 国債先物が小幅安、日銀買い入れ結果は中期が弱い

国債先物が小幅安。中心限月12月限は午後の取引開始直後に、一時前日比5銭安の151円84銭と午前安値(151円87銭)を下回った。日銀が中期を対象に実施した国債買い入れ結果が弱い内容となったことを受けて、短期筋の売りが出た。

現物市場でも中長期ゾーンが軟調。2年債利回りが同0.5bp高いマイナス0.250%、5年債利回りが同0.5bp高いマイナス0.200%に上昇した。

日銀は午前、「残存1年超3年以下」「同3年超5年以下」「同10年超25年以下」「同25年超」を対象にした国債買い入れを実施した。

市場では、買い入れ結果について「超長期を対象にした2本はしっかりとした内容。しかし、1年超3年以下で新発2年債が売却できなかった可能性がある。また、3年超5年以下も荷もたれ感を感じさせる内容だった」(証券)との見方が出ていた。

<11:07> 国債先物は前日比変わらず、長期金利は横ばいの-0.070%

国債先物中心限月12月限は前日比変わらずの151円89銭で午前の取引を終えた。前日夜間取引で下落した流れを受けて売りが先行するとみられていたが、予想される日銀買い入れへの期待が下値を支えた。日銀は事前予想通りに中期と超長期を対象にした国債買い入れを通告したが、その結果を見極めたいとして、積極的な取引が手控えられた。現物市場は閑散。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずのマイナス0.070%で推移。

午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.03─マイナス0.05%付近を中心に取引された。取引金利水準は前日とほぼ同水準。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

<10:11> 日銀が国債買い入れを通告、対象は中期・超長期

日銀は午前10時10分の金融調節で、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年超3年以下」(買入予定額4000億円)、「残存3年超5年以下」(同4200億円)「残存10年超25年以下」(同1900億円)、「残存25年超」(同1100億円)。

日銀買い入れは、対象を含めてほぼ予想通り。国債先物は動意薄。中心限月12月限は前日終値(151円89銭)付近での値動き。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずのマイナス0.070%で推移している。

<08:58> 国債先物は前日終値付近、日銀買い入れ期待が下支え

国債先物中心限月12月限は前営業日比変わらずの151円89銭で寄り付いた。その後は前日終値を挟んだ水準で小動きで推移している。前日夜間取引で下落した流れを受けて売りが先行するとみられていたが、予想される日銀買い入れへの期待が相場を下支えしている。

市場では「日銀買い入れの対象は、超長期と中期が予想されている。特に超長期は、前日に20年債入札を終えたばかりなだけにどの程度の売り圧力があるのか、注目したい」(証券)との声が出ている。

現物市場は閑散。2年利付国債利回りは同変わらずのマイナス0.255%を付けた。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物<0#2JGB:>

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)<0#JEY:>

ユーロ円金利先物(SGX)<0#SEY:>

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)<0#JOV:>

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物<0#FYB:>

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below