Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は1万8000円近辺、安倍・トランプ会談は消化難
November 18, 2016 / 1:32 AM / a year ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は1万8000円近辺、安倍・トランプ会談は消化難

[東京 18日 ロイター] -

<10:25>  日経平均は1万8000円近辺、安倍・トランプ会談は消化難

日経平均は1万8000円近辺で一進一退となっている。

安倍晋三首相がトランプ次期大統領と会談した後に会見し、「2人でじっくりと胸襟を開いて、率直な話ができた」と述べた。ただ会談内容については言及されず、市場では「判断しづらく消化難。きょうは為替など外部要因の影響が大きく、会談はあまり材料視されていない」(外資系証券)との声が出ている。

<10:10>  日経平均は上昇一服、1万8000円付近で売り買い交錯

日経平均は上昇一服、1万8000円台の攻防となっている。海運、自動車が高い。市場では「海外勢の買いが断続的に入っているものの、1万8000円台では円安基調の持続やトランプ次期米大統領の政策に懐疑的な投資家から利益確定売りが出ている。足元の上昇ピッチが速いことに警戒感もある」(国内証券)との声が出ている。

<09:10>  寄り付きの日経平均は続伸、10カ月ぶりに1万8000円を回復

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比161円58銭高の1万8024円21銭と続伸。前日の米国株高や1ドル110円台とドル高/円安に振れた為替を材料に主力株への買いが強まり、日経平均は取引時間中で1月7日以来、約10カ月ぶりに節目の1万8000円台を回復した。

安倍晋三首相はトランプ次期大統領との会談後に「トランプ氏と率直な話し合いできた。中身については控える」と話した。市場では「無難に通過したが、特段手掛かり材料にはなっていない」(国内証券)との声が出ていた。

<08:18>  寄り前の板状況、主力株は軒並み買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、キヤノン 、ソニー 、パナソニック など主力輸出株は買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック も買い優勢となっている。

三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ などメガバンクも買い優勢。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物<0#JNI:>,SGX日経225先物 <0#SSI:>,TOPIX先物<0#JTI:>,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below