Reuters logo
指標予測=10月コアCPIは‐0.4%、マイナス幅縮小
2016年11月18日 / 02:27 / 1年後

指標予測=10月コアCPIは‐0.4%、マイナス幅縮小

* 最新の経済指標予測は をクリックしてご覧ください。

[東京 18日 ロイター] - ロイターが集計した民間エコノミスト調査によると、総務省が25日に公表する全国10月の消費者物価指数の予測中央値は、指標となる除く生鮮(コアCPI)で前年比マイナス0.4%となった。マイナス幅は9月から0.1ポイント縮小しそうだ。東京都区部の11月コアCPIは同マイナス0.4%と10月から横ばいとなる見通し。

「円高や家計の節約志向が下押し要因となるものの、原油価格の持ち直しを受けガソリン代や灯油代の前年比下落幅が縮小する」(みずほ総研)とみられている。

コアCPI予測(前年比%)

       全国10月      東京都区部11月

中央値    ‐0.4         ‐0.4 

最大値    ‐0.3         ‐0.3 

最小値    ‐0.5         ‐0.5 

回答社数   21          20

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below