Reuters logo
再送-為替こうみる:年内のドル上昇余地は小さい、112円半ばまでか=三菱UFJ信託銀 酒井氏
2016年11月21日 / 07:01 / 1年前

再送-為替こうみる:年内のドル上昇余地は小さい、112円半ばまでか=三菱UFJ信託銀 酒井氏

(検索コードを修正しました)

[東京 21日 ロイター] -

<三菱UFJ信託銀行 資金為替部課長 酒井聡彦氏>

ドル/円は米金利上昇を背景に111円台まで上昇してきたが、ここからの上値余地はそれほど大きくないと思われる。米10年国債利回りが2.5%まで行かないという見立てをベースにすると、ドル/円の上値も112円台が限界とみている。

テクニカル的には、リーマン・ショック後に付けた2015年6月高値125.86円と、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)で付けた16年安値99.00円の半値戻しが112.40─50円の水準にある。ドルは上昇しても、せいぜいそこまでではないか。

年末までを見通すと、欧米の投機筋が利益確定に入り、ポジションを閉じる動きが出てくる。今はトランプ次期大統領の政策期待を各金融市場が都合良く先取りした相場となっているが、こうした相場にも修正が入ってくるだろう。年末までのドルのレンジは106.00─112.50円というイメージがある。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below