Reuters logo
インド株式市場・中盤=反発、ITや自動車株がけん引 上昇継続には疑問も
2016年11月22日 / 07:26 / 1年後

インド株式市場・中盤=反発、ITや自動車株がけん引 上昇継続には疑問も

[22日 ロイター] - 
 インド                日本時間15時37分      前日比        %        始値  出来高概算
 SENSEX指数<.BS         25,824.80     + 59.66    + 0.23   25,928.16    0.97億株
 ESN>                                                                      
 前営業日終値                 25,765.14                                              
                       日本時間15時52分      前日比        %        始値  出来高概算
 NSE指数                    7,944.70     + 15.60    + 0.20    7,989.15            
 前営業日終値                  7,929.10                                              
 
    中盤のインド株式市場は、前日の6カ月ぶり低水準から反発。情報
技術(IT)株や自動車株がけん引した。米国で株式指数が最高値を更
新する中、アジア株も上昇しており、センチメントは改善している。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成
) は日本時間15時37分時点で59.66ポイント(0.2
3%)高の2万5824.80。7営業日ぶりのプラスとなる見通し。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)<.
NSEI>は日本時間15時52分時点で15.60ポイント(0.20%
)高の7944.70。
    ただ、政府が2種類の高額紙幣を廃止したことによる経済への影響
が想定より大きくなるとの懸念が出ており、株式相場の上昇局面は続か
ないとの見方も。
    チョラマンダラム・セキュリティーズの調査部門課長代理Mugilan 
K氏は「現在、相場は前日に下げた反動をみせているに過ぎない。だが
、この日の引けまでにはその状態も変わるだろう」と述べた。同氏によ
ると、NSE指数は早期に7650を割り込み、一段安になる見通しだ
という。
    
    マルチ・スズキ・インディア は2.5%高。前日は3.
3%下落していた。インフォシス は1.9%高。
    原油価格の上昇を受け、エネルギー株も買われた。インド石油ガス
公社(ONGC) は1週間ぶり高値。
    半面、建設・エンジニアリング大手ラーセン・アンド・トウブロ<L
ART.NS>は2.2%安。この後、四半期決算の発表を予定している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below